ホームへ

寝かしつけは怒らずリラックス:親のイライラは子供に伝染

広告

親が不機嫌だと子供も不機嫌に

この話はあまり科学的じゃないので番外にしました。

経験が元になっている話ですが、親の不機嫌が子供を不安にさせること自体は一般的に認められていることです。

我が家の場合、寝かしつけのときにこちらがイライラしていると、寝付くときに激しく泣いたり、夜泣きすることが多くなりました。多いといっても、頻繁にあったわけではないですし、統計を取っているわけでもないので、不確かですが。

親がリラックスって難しいけど

でも、「時間だ、はやく寝かしつけなきゃ」とか、「早く寝てくれー」って思うと、なかなかこちらもリラックスできないんですよね。

早く寝て、と思っているときほど、これがなかなか寝てくれないんですよね。育児の本でもよくかかれることですが、これって真実だなと思います。こちらがあせっていると、それが子供にも伝わって落ち着かないのかもしれませんね。

早く寝なさいって怒っていても、いいことは何もありません。

寝かしつけのとき、イライラしていたら深呼吸しましょう。

深呼吸は保育士の方もつかう技術です。子供が悪さをしたとき、感情的に叱ると子供は反発するだけで、言うことを聞いてくれずに逆効果。そこで注意する前に深呼吸をします。すると気分が落ち着き、感情的に叱り付けるということが減るためです。

同じように、イライラしたまま子供と接するようなとき、一度深呼吸をしましょう。イライラ解消とまではいかなくてもかなり落ち着きます。

寝かしつけるのが予定より遅くなった、そんな時もあせらず、気分を取り直して。遅くなったものは仕方ありません。イライラしたり、落ち込んだりしててもいいことありません。

深呼吸して、気持ちを切替えましょう。

上に