ホームへ

夜泣き解消グッズ:夜泣きにおすすめの製品

広告

朝日の代わりに使える光目覚まし

歴史ある光目覚ましの本格機、1万ルクスで絶対の安心感

ブライトライトME+ 別ウィンドウで開く

約40,000円-Amazon

ブライトライトMEは光目覚ましのなかではかなり有名で、歴史のある製品です。個人向けに販売されるものの中ではもっとも実績がある製品でしょう。

タイマー設定ができ、設定時刻が近づくと徐々に明るくなっていきます。

なにより、30cmはなれたところでも10,000ルクスと、光治療なみの明るさ。光目覚ましの機能で考えれば間違いなくトップで不安要素もありません。

また、その形状から光が届く範囲が広いのもいいです。

というところは残念。

またライト点等時に発生する熱で機器が少し膨張し、パキパキと音が鳴ることがあるようです。まぁ、起きるときに音が鳴っても困りはしないのですが。

ブライトライトMEなら、光が不足するということは無いという安心感がありますね。予算さえクリアーできればこれが最高です。

小型で安価。お手軽な目覚ましライト

Wake Up Light 別ウィンドウで開く

約3700円-Amazon

ブライトライトME+は高すぎて手が出ないという場合におすすめなのがこのLEDアラーム時計。

設定時間が近づくと徐々に明るくなって朝日の代わりをしてくれます。

正面にはデジタル時計の表示部分があり、アラーム機能もあるので普通の目覚まし時計としても使えます。

というのが利点です。

ただ問題は明るさ。論文では、3,000ルクスで光治療の効果が得られたことが報告されています。この製品、明るさは公表されていませんが、LEDでこのサイズでは300~500ルクスがいいところ。光量不足は否めません。

本格的な使用には不向きですが、お手軽に済ませたいならこれが良いでしょう。

お部屋の照明

色も明るさも調節できるリビング照明

というのが理想です。(詳しくは「夜泣き対策:部屋の照明調節」。)

明るさを変えるだけならともかく、色を変えるには複数の照明を用意する必要がありました。でも、これを一つの照明でこれを実現できるのがPanasonicのLEDシーリングです。

色調は夕方にお勧めの電球色(赤っぽい)、普段使いの昼光色、朝にお勧めの昼白色(白)と選べ、明るさは100%~約5%までとかなり幅広く調節できます。

夜のメラトニン分泌を阻害しないように「電球色にしつつ明るさも落とす」、といった使い方以外にも、
「外光だけでは物足りないけど、部屋の照明をつけるのももったいない」なんてときに明るさを落として使うことで消費電力を抑えつつ照明を使うこともでき便利です。

部屋の照明器具を変えるなら、これが最高ですね。欲しい光が全てこれ1台で手に入ります。

朝は最高に明るくて白い光、夕方からは明かりを弱めにして電球色。ここまでできればリビングの照明環境はまず問題ないでしょう。

上に