ホームへ

夜泣きの原因・要因:寝つきが悪い原因にも

広告

夜泣きや寝つきの悪さを引き起こす原因一覧

各原因の解決方法も含めた対策方法を「夜泣き対策」のページで解説しています。

部屋の照明が明るい

夜、照明を最高の明るさにしていませんか?今のリビングは明るすぎ

現代はあかるい室内が好まれる傾向にあり、照明も明かりの強いものを、多く使用することが増えています。 コンビニエンスストアでも、新しい店って明るいですよね? 明るい店のほうが入ったとき気分がいいのも確かです。

このため、現在のリビングや茶の間は昔より非常に明るい場合が多いです。

また、暗いと視力が悪くなるという話が信じられていたので夜は照明をしっかりつけることが健康にも良いと考えられる風潮もありました。

しかしこれでは明るすぎるのです。

人は、脳の松果体からメラトニンというホルモンが分泌されて眠くなります。

しかし強い光を浴びるとメラトニンの分泌が抑制されてしまいます。 メラトニンの分泌が始まる前には、浴びる光はできるだけ弱くしておくことが大切です。

また、照明が暗くても視力には影響しません。(詳しくは夜泣き対策:部屋の照明調節で解説します)

夕方、夜の部屋の照明はどうなってますか? 照明が最も明るい設定になっていませんか。

夜泣き対策のページでは照明に関する対策方法を解説します。

夜泣き対策:部屋の照明調節のページへ

照明が下向き・むき出し

赤ちゃんはいつも上を向いてます。照明を直視!

さて、赤ちゃんの場合リビング照明の明るさ以外に、もう一点気をつけるところが。照明の向きです。

赤ちゃんは基本的に仰向けで寝かされています。なので天井の照明を直視することになります。目に入ってくる光の強さは大人より強いことになってしまいます。

これではメラトニンの分泌が抑制されてしまう可能性があります。

回転できるタイプのダウンライトなら向きを上向きにしましょう。こうすると直接目に入らないばかりか、天井に反射させるので間接照明のようなやわらかい光になります。

向きを変えられない場合、せめて蛍光灯などがむき出しになっていない照明器具に切り替えましょう。

夜泣き対策のページでは照明に関する対策方法を解説します。

夜泣き対策:部屋の照明調節のページへ

寝室が明るい

寝付いたら蛍光灯の小丸電球(豆電球)も消しましょう

寝室で赤ちゃんを寝かしつけるとき、寝室の照明は落としましょう。でもいきなり真っ暗で何も見えないのでは寝かしつける側は大変ですし、いきなり暗くなると赤ちゃんもびっくりして泣き出すこともあります。

蛍光灯照明に付随する小丸電球(豆電球)だけ点灯させるのが普通でしょう。優しいオレンジ色の光ですし、寝付くときにはなかなか良い照明です。

青い色の光はメラトニン分泌を抑制する力が強いです。赤色の光と白い光を比べたとき、白い光のほうが青の成分(波長)を多く含むので、オレンジ色の小丸電球は夜に適した光といえます。

しかし、この小丸電球(豆電球)をつけっぱなしということはありませんか?

つけっぱなしは絶対ダメ。小丸電球の明るさを軽く見てはいけません。

蛍光灯を消して小丸電球にしたときは結構暗く感じるでしょう。しかし目が慣れてくると、部屋全体を十分見渡せるほど明るいんです。

我が家では小丸電球だけで絵本の読み聞かせをしています。蛍光灯・小丸電球をしっかり覆うタイプの照明器具ですが、それでも絵本を読めるほど明るいんです。小丸電球がむき出しの照明器具の場合、これ以上の明るさがあります。

いくら青の波長が少ないといってもこれでは明るすぎます。

メラトニンの分泌量は深夜にかけて増えていきますが、光があると分泌が阻害されるので深い眠りが得られない可能性が高まってしまいます。

夜泣き対策:寝かせつけはなるべく暗くのページへ

外からの光が入ってきていませんか?

防犯や道路の安全確保のためから、夜でも道路は明るいのが普通になりました。これがそのまま入ってくると、室内は結構明るいものです。

街灯くらいならまだしも、駐車場の防犯灯や深夜営業の商店の明るさは強烈です。室内にこれらの光が大量に入ってくるようでは十分な夜の暗さを得ることはできません。

また街灯には白や青の光が良く用いられます。これは防犯上の見渡しが良い光のためです。(青の波長が多いほうが影が少ない、目の構造上暗くてもよく見えるなどの理由)。これは街灯はメラトニンの分泌を阻害する波長を多く含むことを意味します。

就寝しているときは完全な真っ暗闇が最良である、という医師もいます。

完全な闇こだわる必要はありませんが、部屋の照明を消したとき、自分の近くぐらいしか見えない程度の暗さになっているか、確認しておきましょう。(完全な闇は必ずしも必要な条件ではありません。その理由は「真っ暗にする必要がありますか」にて。)

夜泣き対策:就寝中は完全消灯のページへ

朝でも寝室に光が入らない

カーテンを閉めると朝でも真っ暗

夜、外の光が入らないようにするということは、朝の大切な光も入らない?確かにそうなります。

目覚める前から徐々に朝の光を受けて体を覚醒させるのがベストではありますが、そこまでこだわらなくても、目覚めたときにカーテンを開けて光を取り込めば大丈夫です。

赤ちゃんが寝ている寝室、朝になっても真っ暗ということはありませんか?朝日が入ってくるならそれが最良ですが、そこまで行かなくても電気が不要なくらい明るくなっていなければいけません。

朝になっても薄暗いのは要注意。明かりが必要なほど暗いなんてもってのほか。

朝、体が目覚めるには光が必要です。まぶしくて目が覚める、というものではありません。

光がさしだす前から体はおきる準備を始めています。その準備段階の体が光を感知することで体の覚醒が活性され、スムーズな目覚めにつながります。

朝の目覚めの悪さも夜泣きの原因に

「夜泣きに朝の目覚めは関係ないのでは?」というのは大間違い。

松果体から分泌されるメラトニンは光を浴びることで分泌が抑制されます。目覚めが良くなる要因の一つです。

また強い光を浴びるとセロトニンの分泌が促進されます。セロトニンが分泌されると体が覚醒して、動く準備がされます。

朝から体が快調に動くようになるということは、朝から元気に体を動かせるということです。日中、活発に動くことは、体の体温を上げると同時に適度な疲れを生みます。

体温と疲れは夜の深い眠りを導くための重要な要素なんです。(体温について詳しくは日中にしっかり運動にて)

さらに体内時計のリセットの意味もあります。

動物は太陽などが無くても時間の経過を感じ、食事・睡眠などの生活のリズムを刻むことができます。これをサーカディアンリズムといいますが、このリズムを刻めるのは体内に時計のような働きが備わっているためです。 これを体内時計といいます。

しかしこの体内時計、地球の周期と完全には一致していません。ちょっとずれてます。(一般に、人は25時間周期と言われますが、これも絶対ではありませんよ)。そしてこのずれは強い光を浴びることでリセットされ、また一日のリズムを刻み始めます。

つまり、朝に強い光を浴びることで体内時計が朝の状態にセットされ、夜になるころに自然と眠くなる体制を整えることができる、というわけです。

夜泣き対策:寝室の朝は明るくのページへ

そうは言っても朝日が入らないときは

朝、光が入ってくれない部屋もあります。また周囲が夜明るすぎて、暗くするためには遮光が必要なため朝の光も得られない状況もあるでしょう。

朝の光が体を目覚めさせる仕組みと、朝日の代替方法については以下のページで詳しく解説します。

夜泣き解消グッズのページへ

入浴する時間帯が遅い

体温が下がらないと眠れない

何時にお風呂に入れていますか?お風呂と就寝の間隔が1時間に満たないならお風呂の時間が遅すぎる可能性があります。

人が眠くなる・深く眠るためには深部体温が十分に下がる必要があります。深部体温を下げるために体は持っている温度を外に逃がす、放熱を行います。体の表面の温度が高くなり、その分内部の温度が下がります。

で、表面から空気中に熱が逃げていくわけですね。

入浴によって体の表面温度が高くなるとこの熱の移動がうまくできず、深部体温を下げにくくなります。

睡眠と関係の無い時間なら体が温まっても悪いことではないです。むしろいい気持ちです(*´∀`)。しかし睡眠の時間とこれが重なると、あら大変。脳は睡眠に向けて深部体温を下げたいのに、体が熱くてそれができないというミスマッチが起きてしまいます。

体温とお風呂の関係を知り、お風呂の温度、時間などを調節してあげましょう。

夜泣き対策:入浴は寝る1時間前のページへ

赤ちゃんの衣類が不快

毎日夜泣きするわけではないなら確認してみましょう

夜泣きは毎日のように頻発して起こるものです。だからこそ皆さん苦しんでいるわけで。

連日ではない無いけど、定期的に夜泣きする日があるのなら、赤ちゃんの着用している服を確認してみましょう。

夜泣きする日に決まって着用している服はありませんか?

もしこれに該当するなら、その衣類が不快で泣いている可能性があります。

衣類が原因で無く場合は正確には夜泣きとは言いません。外部に要因があるわけですから。

外部に要因が無く、体内の何かしらの要因によって夜に激しく泣くのが夜泣きです。そうは言っても、夜に泣かれて親が困ることに違いはないのですが。

衣類が原因の可能性があると思ったら、他の衣類と見比べて不快の元を探しましょう。肌触り、タグ、折り目、寒い・暑いなど理由はいろいろ考えられます。

この場合、服を変えるだけですむので簡単ですね。

快適な服・布団でも暑いと眠れない

さて、快適な服にしてあげても、暑いと眠りにくくなります。

「暑苦しいなら当たり前でしょ」、ということではありません。暑苦しいからではないのです。

体温の話を何度か書いていますが、衣類や布団も多すぎるとこれも放熱を阻害します。

これについては次の「室温が低すぎる・高すぎる」で解説します。

室温が低すぎる・高すぎる

赤ちゃんは基本暑がり。うちは寒くて泣いてましたが

室温には2つの視点があります。

不快感から泣くのなら、前述の衣類が不快と同じく、正しくは夜泣きではありません。泣いて眠れないことに変わりはないですが。

放熱ができない場合は上記の「入浴時間が遅い」と同じですね。眠るときは体温が下がらないといけないので、それを邪魔すると寝付けない・深く眠れないということになります。

衣類を着せすぎ、布団が多い、気温が高すぎるなどが放熱を阻害する要因となります。

さて赤ちゃんは基本的に暑がりといわれます。大人より涼しい格好で過ごさせましょう。しかしこれがなかなか難しい。

室温は冷暖房器具で快適な温度に保てばよいです。

問題は服装と布団です。

良かれと思ってしっかり着せて、布団もたくさんかけてあげたりすると、寝付いた後でも、暑くてじたばた暴れて泣き出してしまいます。

我が家もこれには苦労しました。

冬は寒くて泣いていたのに、夏は暑くて汗びっしょり。これじゃ泣いて当然。

顔、背中に汗をかいてませんか?汗を見つけたら暑い証拠。布団や衣類で調節しましょう。(汗を取るため下着のシャツは必要です)

腕、脚が冷たくないですか?これは寒すぎです。ただし寒さは見た目や触っただけではわからないこともあるのでなかなか難しいところです。

布団の種類・枚数が大人と同様になるようにしてやれば大方問題ないですが、暑すぎる場合もあるので、布団をバスタオルに変えて調節するのがおすすめ。

夜泣き対策:快適に眠るための温度管理のページへ

昼寝を終えるのが遅い

睡眠は時間だけではなく、間隔も大切

午後のお昼寝は何時に終えていますか?

午前のお昼寝(午前でお昼っておかしいですけど・・午前睡と呼びますね。)は何時に終えるかは気にすることは無いですが、午後のお昼寝はそうは行きません。

夜何時に寝かせているのかにも左右されるのですが、午後4時(16時)を過ぎている人は要注意

夜の睡眠とお昼寝の間隔は4時間ないし5時間以上あけたほうがよいからです。

もちろん個人差があるので一概には言えないですが、夜寝付いてくれない、夜泣きをするという場合はお昼寝との間隔が十分にあるか、確認してみましょう。

2回お昼寝(午前睡・午後睡)をとる子と、午後の1回だけの場合でもちょっと変わってくるとは思いますが。

判断が難しければ、昼寝と夜の睡眠の間隔をなるべく長く取るようにしましょう。

昼寝のコントロールはかなり重要

どんなに条件を整えて、夜の睡眠に対して万全の体制を強いていても、昼寝が長すぎると台無しになってしまうことも。

私も昼寝で失敗し、夜に苦労させられることは結構ありました。寝ないし途中でおきるし・・。

昼寝に関する情報をまとめたので、詳しくはそちらをご覧ください。

夜泣き対策:昼寝と夜の就寝の間隔

日中の運動が不足している

日中の運動には「体に適度な疲労を与える」、「体温を上げる」という2つの意味があります。

疲労は最良の睡眠薬

まず体に疲労感があればだれでも眠くなりますし、深く眠ります。疲労といっても過度な疲労を与えるひつようはありません。

ヒトは日中活動して夜には肉体的に疲労しているのが自然です。夜行性の動物でなければ、普通の動物は明るいうちはいろいろ動いていますよね。生きるためには動くのが普通。

昼と夜の体温の差が大事

もう一つ、「体温を上げる」ですが、夜に眠くなる・深く眠るためには深部体温の低下が必要ですが、これは日中との温度差が生まれることが大切です。

しっかり動いていないと体温が上がらないので、夜になっても温度差ができず眠れない・眠りが浅いという事態を招きます。

体温を上げるのに最も手っ取り早いのが運動です。

体温・運動と睡眠の関係をまとめてあるので、詳しくはそちらをご覧ください。

夜泣き対策:日中にしっかり運動

日中、外出していない

日中、家や施設など屋内で過ごしていませんか?

天気が悪いなら仕方ないですが、天気が許す限り外に出ましょう

外に出ないと運動不足に

日中の運動が大切と書きましたが、屋内と屋外では運動量にはかなりの差が出ます。広い屋内の遊び場で遊んだとしても、その運動量は普通の公園に及びません。

雨や強風といった悪天候の日まで外に出る必要はありませんが、天気が悪くないなら外に出ましょう。

必ずしも公園などで遊ばなくてもいいです。外を歩くだけでかなりの運動量になります。

まだ歩けない、そんなお子さんでも抱っこして外に出ましょう。理由は日光です。

日の光を浴びないと寝むりにくい

日中に強い光を浴びておかないと夜の眠りが阻害されるリスクが高まります。

眠るためには夜のメラトニン分泌が大切。

部屋の照明、街灯の明かりなど、メラトニン分泌を阻害するものが今はあふれています。しかしそれらの阻害要因にたいして強い対抗力を発揮するのが日光、メラトニン分泌阻害のリスクを低減してくれるのです。阻害リスクを低減というとなんだかわかりにくいですが、”正しい分泌を助けてくれる”といえます。

ほかにもセロトニンの生成にも日光が大切。

日光がメラトニンの正しい分泌を助けるとは?、曇りの日でも外出したほうがいいのか?、セロトニンって?そんな疑問にあわせて解説しますので、夜泣き対策のページをご覧ください。

夜泣き対策:日中は外で日の光を浴びる

就寝前に激しい運動・遊びをしている

とくにお父さんの帰宅が遅い家だと、就寝間際に帰宅して、子供が喜んでくれるからいっぱい遊んでしまうなんてことはありがちです。

子供が喜んでくれるとまたうれしいし・・ヽ(*'∀`*)ノ

でも、寝るまえには体を使った遊びは避けましょう。

体を動かすと当然体温が上がります。寝る前には放熱により体温が下がるように促さなければならないのに、これではうまく体温を下げられません。

また激しい遊びは気分を興奮させます。興奮状態にあると当然眠れないです。寝る前は脳がリラックスしていなければなりません。

しかし、体を使った遊びや運動は、寝る前でなければ積極的に取り入れたいものです。

体を使った遊びはいつまでなら良いのか?リラックスと神経の仕組みについて、対策ページで解説します。

夜泣き対策:就寝前リラックスで副交感神経優位に

就寝前にテレビ・パソコンを見ている

寝る前にテレビを見せていませんか?

テレビを使えば子供はおとなしくしてくれるので激しく動かなくてすんで良さそうなのですが、残念ながら寝る前のテレビは眠りを妨げます。

テレビの画面が脳を起こす

テレビを見ると脳が覚醒することが知られています。

覚醒というとなんだかかっこよく聞こえますが、ようは休もうとしていた脳をたたき起こすということです。これはテレビの機械的な特徴なので、番組内容などは関係ありません。

また番組内容によっては気分を高揚させたり興奮させたりします。子供ってテレビを見て、動き出したり、大きな声を出したり、すごく怖がったりしますよね。

このような気分な高ぶりは睡眠を阻害します。

携帯、スマホ、パソコンでも同じ。

静止画を主とするパソコン等でも同じです。気分が高揚することは少ないかもしれませんが、脳の覚醒についてはテレビと同じです。

電子機器のディスプレイは全て避けましょう。

睡眠障害の治療でも”寝る前のテレビ等の視聴を避けるように”とされるほど睡眠の阻害効果は確かです。

テレビの全てが悪いわけではなく、見る時間や1日の視聴時間を気をつければ問題はありません。

いつまでなら見ても害が無いのか、1日何時間までにすべきなのか、そして睡眠を阻害する仕組みをまとめたので詳しくは夜泣き対策のページをご覧ください。

夜泣き対策:寝る前にテレビ・パソコン・携帯・スマホは見せない

成長過程によるもの

さて今まで長々と夜泣きの原因となるものを挙げてきましたが、それらは全て生活様式が関連するものでした。 それらは生活スタイルを改めたり、代替品で補うことで改善が望めます。

しかし最後のこの成長過程によるものはそうはいきません。

夜泣きの原因はまだはっきりとはわかっていないところがあります。

いままで挙げたように睡眠を阻害するものが関わっている場合以外にも、親の注意を引きたいために泣いている場合もあると考える人もあります。(注意を引くためだとする論拠に、一人寝させると夜泣きしなくなるというものがあります。詳しくは「一人で寝かせると夜泣きしないの?」にて。)

そして何らかの成長段階でおこる生理的な反応の場合もあると考えられています。ある成長段階にある子供が、脳内で情報処理をしているときに夜泣きするのではというものです(寝ているとき、日中に得たさまざまな情報が脳内で処理・整理されています)。

成長過程の夜泣きだったとしたら、残念ながら打つ手はありません。

「成長過程の反応ならみんなに夜泣きが発生するのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。

例えば、成長期に膝痛に悩む子もいればならない子供もいます。膝痛は身長が高い・よく運動する子供でよく発生します。しかし、私の知人は中学入学時に190cmほどにまで成長し、小学生のころからずっとスポーツクラブに入っていたのに、膝の痛みはありませんでした。

成長過程で起こりやすいものといっても全員同じではありません。必ず個人差があります。

上記に挙げた「夜泣きの原因」のどれにも該当しない、「夜泣き対策」にあげた対策方法を全て実行してもだめだったなら成長過程のものとして受け止めてあげましょう。

上に